練習日誌

【明徳スクール】好循環

10月5日(火)明徳小学校でスクール練習を行いました。
この間まで夏だったのに、いつのまにか秋だしすぐ冬になる。
スクール中も明るかったのに、練習開始時点でもう結構暗くなってくる。そんな時期だ。
気づけばあと3ヵ月で今年も終わり、早いもんだ。

今日のスクールTRで感じたこと

今日は対人系のTRをみっちりと。楽しみながら。勝負に拘りながらやっていきました。
勝てばよっしゃー!、負ければちくしょー!って声に出して表現する選手たち。
勝つ嬉しさと、負ける悔しさを味わいどんどん強く、上手くなって欲しい。。

攻撃時の駆け引きが面白くなってきたなと最近感じてたんだけど、
それに対する守備の対応も良くなってきた。
同じパターンではやられなくなってる選手もいるし、守備時の狙いどころ、ボールの奪いどころのチョイスとアクションが明らかに変わってきた。
それはなぜか、、、選手たちが自ら考えてサッカーをプレーしているからだ。

ただただ対人TRをするだけじゃなく、裏をやられた選手の、次のプレーでの裏ケア、対応するためにポジショニングの修正。
裏を気にしすぎ足元で受けられスペースをあたえてしまった後には、相手との距離感を調節しだしたり、
そしてDFの質が上がれば今度は負けじとオフェンスの質を上げようと頑張る選手たち。


好循環ってやつですね。
一人一人が高い意識を持って、チャレンジする。失敗したら、なぜ失敗したのかを考え次のプレーにチャレンジする。
修正に修正を重ねプレーの改善を行いさらに高いレベルへとスキルアップしていく。

こういった習慣・思考を、ジュニア年代から身に付けられたら必ず先のステージでも上手くなれる。技術だけでなくメンタル部分の成長も。
全ては習慣。自分たちで言い聞かせていこう。コツコツやろう。

今日のMVP

今日のMVPはこうせい!
こうせいの対人スキル、特に守備の対応にさらに磨きがかかってきている。

身体のぶつけ方、奪いに行くタイミングも強度も。
この日は対人TR2種類やったのだけども、ほとんど負けてなかったな。

ボールを奪うというのも立派な個人技術。
ボールを奪ってからの切り替え、プレーの判断スピードも上がってきてるのがゲームを見ると良くわかる。
ゲームをするとき、僕もたまに一緒にプレーするのですが、こうせいがチームに居ると安心感半端ないんですよね。

チームに安心をもたらす選手というか、ものすごく頼りになるなと。
それでいて後ろからもたくさん声かけてくれますからね。良い選手だわ。

おわりに

この日は、フットサルのFリーグ2部(サッカーでいうJリーグ)や中国リーグのチームでプレー経験のある先輩が教えに来てくれました。

子供たちの頑張りをインスタで見てくれていて、教えに行っても良いかとのことだったので即答でOK出して臨時でコーチに来てもらいました。

サッカーとフットサルではまた違うけど、共通する部分もたくさんあるし、選手たち1人1人に声かけてくれていてすごく良い刺激になったんじゃないかな。

皆の頑張っている姿を、色んな人が見てくれていて応援してくれている。嬉しい事だよね。
見てくれている人は、しっかり見てくれているし評価してくれているということを忘れずに。
まだまだこれからもコツコツ頑張っていこう。ではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。